ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

HTML5で変わるインターネットの世界

インターネットによって、人々の生活は大きく変化しました。

企業や学校・個人はWebサイトやBlogやSNS、Twitterなどのミニブログシステムなどを活用して情報発信をすることは日常生活の一部となりました。

WebサイトはHTMLというマークアップ言語で構築され、CSSによってWebサイトのデザインを行い、JavaScriptというスクリプト言語によって動的なコンテンツを構築しています。

Webサーバでのデータベースからのデータ加工などはサーバーサイドプログラミングで行われており、そのプログラムにはPerl・PHP・Ruby・Pythonといったスクリプト言語を使うことが一般的です。

Webアニメーション技術にはAdobe社のFlashが使われてきましたが、最近ではHTML5というHTMLの最新の規格が登場したことで、Flashのような表現をプラグイン無しでも実現出来るようになってきました。

Canvas要素とJavaScriptを組み合わせることで図形を描くことが可能になりました。

Video要素・Audio要素とJavaScriptを組み合わせることでYouTubeのような動画共有サイトにある動画プレーヤーをFlash無しで実現出来るようになりました。

また、CSS3の登場によって、JavaScript無しでアニメーションさせたり、グラデーションを実現したりすることも可能になっています。

HTML5・CSS3・JavaScriptの組み合わせによって、Webアプリケーションの開発は一層自由度を増し、徐々にデスクトップアプリケーションのようなアプリケーションが開発出来る環境が整いつつあるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>