ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

映画作家、イーストウッドの世界

クリント・イーストウッドという映画作家がいます。彼はこれまでに数々の名作を世に放ってきました。そしてその度に世界各国から賞賛されてきたのです。

例えば米アカデミー賞(オスカー)にて作品賞を受賞したことは二度あります。『許されざる者』&『ミリオンダラー・ベイビー』です。そしてその両方の作品にて監督賞を受賞しています。

他にも『チェンジリング』や『ミスティック・リバー』、『インビクタス/負けざる者たち』などがあり、非常に透徹した眼差しで現実の問題を直視し、なんとかそういう問題を乗り越えようとする主人公を描ききってきました。

たとえ主人公自身が作品中に問題を乗り越えられなかったとしても、イーストウッドの現実と愚直なまでに向き合うその姿勢が画面から浮かび上がってくるだけで、私は感動するのです。

特に『ミスティック・リバー』は彼の映画作品の頂点というべき傑作です。彼らしい透徹な眼差しに加えて、ショーン・ペン、ケヴィン・ベーコン、ティム・ロビンスという三大名優が共演したことが大きかったように思います。

彼らの卓抜した演技力のせいもあって、非常に濃密且つ深遠なる人間ドラマが作り上げられました。他脚本、撮影、音楽等すべてが完璧に作用した本作。イーストウッドという映画作家を知る上では特に外せない逸品です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>