ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

税金のクレジットカード払いの注意点

最近税金をクレジットカード払いできる自治体が増加しているようです。
税金から逃げることが難しい以上は、有利な支払い方をしたいでしょう。

クレジットカードを税金で納付したために、不利になるといった心配はないでしょうか。ひとつは自分の住んでいる自治体がクレジットカード払いを扱っていない場合があることです。

クレジットカードで税金を入れるときは、手数料の扱いがどうなっているか確認しましょう。
もしも手数料が315円かかる場合は、クレジットカードのポイント還元では取りも戻せないということがあります。
3万9500円の自動車税を支払う場合、還元率0.5%のクレジットカードは197ポイント、還元率1%のときは395ポイントです。

クレジットカードの利用に315円の手数料がかかる場合、ポイント1%還元で少額の税金納付では損になってしまうでしょう。

インターネットを使った支払いなどにも対応しているクレジットカード払いは、使いやすさに関しては群を抜いています。
クレジットカード払いの場合、大変なのがクレジットカードを紛失してしまった場合のリスクもあります。

それまでクレジットカードを使ってやっていた一切のことは、クレジットカードの機能を止めるとできなくなるため、税金の支払いも滞ります。クレジットカードで税金を払い込むというしくみには利点と欠点とがありますので、十分に考えてから使う必要があります。