ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

キャッシングに関する貸金業法という法律について

キャッシングに関する法律はいくつかありますが、中のひとつに貸金業法があります。
ある一定の規制を貸金業者に与える法律が貸金業法です。貸金業者とは財務局や都道府県に貸金業として登録をしている業者を指します。
消費者金融やクレジットカード会社が該当にします。
実際のキャッシング取引は貸金業法に当てはまるので、法律の定める範囲で貸付をすることが不可欠です。

貸金業法という法律で定められているのは、貸金業協会や社団法人全国貸金業協会連合会の設立、貸金業者の事業登録や業務に関わるいろいろな規制などです。1983年11月に施行され、「貸金業の規制等に関する法律」という名称でした。
法律の改正が2007年に抜本的に行われ、「貸金業法」という現在の名前になったといいます。
貸金業法が改正されたことにより上限金利が引き下げられ、それ以前より低金利でキャッシングが受けられるようになりました。
出資法と貸金業法という2つの法律でそれぞれ定められていた金利の差分である、いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されました。
借入をより低い金利ですることが可能となったことは、実際にキャッシングの利用する側にとってはメリットとなります。
けっして少なくないのが、金利が法律で低くなったかわりに審査のハードルを上げたキャッシング業者です。