ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

住宅ローン減税の注意点

住宅ローンを利用した人が、幾つかの条件をクリアすると減税措置を利用することが可能です。
住宅ローンの返済をしやすくするためには、住宅ローンの減税の仕組みは上手に使いましょう。

気をつけたいことは、何があるのでしょう。
住宅ローン減税を利用するためには、購入した家屋の半分以上が住居目的であり、登記面積が50㎡以上ということになっています。

住まいとしてマンションの一室を買う時、意識したいことがあります。
マンションの広告に載っている広さは、壁の中心から広さを測る壁芯面積ばかりですが、壁の内側から計測する方法では広さとして出てくる数字が変わります。
壁芯面積50平方メートルの場合、内法面積は50平方メートルより間違いなく狭くなってしまいますので、住宅ローン減税の対象外になることがあります。
また、購入する建物のトータルの面積が、住宅ローン減税では大事です。

夫婦共同の名義で住居を購入した場合、購入面積は妻と夫で半分ずつになるといる特長があるといいます。
そのせいで、住宅ローン減税の条件に合致しなくなってしまったという人もあると言われてます。
購入時に、土地と家が別だった場合も要注意です。
住宅ローンの抵当に、その土地や建物を入れることや、土地購入後2年以内に家を建てることなど、住宅ローン減税を活用するには様々な条件が設定されていますので、気をつけましょう。