ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

冬の青森ごくらく紀行

以前何かの本で「寒い国の本当の姿を知るには寒い時に行くのが一番」という話を聞いていたので、本州最北端・青森市へ行ってきました。

もともと寒がりなので旅行前から「修行」と称して、暖房・コタツなし生活をしばらく続けてみました・・・家族から生暖かい目を向けられましたがしかし夜行バスを降りた瞬間、やはり修行の成果はあったと思いましたそれはもう。

駅前からバスに乗って特別史跡「三内丸山遺跡」へ。

従来の”縄文時代”のイメージを覆した一大集落の跡地です。

出土品を展示してある付属の博物館も遺跡内の見学も無料とたいへんありがたい施設でございます。

東北の奥深い文化の源泉を見る思いです。

青森駅に戻って駅前すぐのところにある「ねぶたの家 ワラッセ」というねぶたの博物館とも言うべき施設を見てきました。

実際のねぶた祭りで使われた巨大ねぶたが展示され、一年中お祭り気分を味わえます。

青森の人々の「ねぶたバカ」という言葉にかける熱い思いが伝わってきます。

ちょっと小腹がすいたところで「ラーメンの大西」というお店でB級グルメとしてじわじわと?知名度を上げている「味噌カレー牛乳ラーメン」を頂きました。

名前だけ聞くとドン引きしそうな組み合わせですが意外といい塩梅でそれぞれが混ざり合ってまったくケンカしてません。

青森駅から青い森鉄道にてちょっと足を伸ばして浅虫温泉へ。

ここは目の前に海が見える歴史ある温泉街です。

高層ホテル最上階の展望風呂から眺める青森湾は降り注ぐ粉雪と相まって、北国の情緒たっぷりです。名物のくじら餅もお土産にゲットしてほっこり気分で青森市内へもどります。雪見露天最高。

だいぶ駆け足というか詰め込みすぎな感がなくもない旅行でしたが、温泉も郷土文化も満喫出来た旅でした。そしてりんご美味いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>