ここには、アドセンスのビッグバナー、もしくはASPのバナーをウィジェットで設定してください。

すっぴんで過ごしてきた半生

そもそも肌が弱い以前の問題で、私の人生が、あまり化粧に興味を持つような環境ではなかった気がします。

地味だった中学時代。
高校はTシャツにGパンで過ごす私服の飾り気のない進学校。
夜遅くまで実験に明け暮れる、男性ばかりの理系の国立大学。
所属していた演劇部では、深夜まで木屑飛び交う作業場で、のこぎり片手に大道具製作。

社会人になってからも、ほぼ男性だけの中小企業のIT会社へ。
ささっと化粧しておくくらいで充分だったし、そもそも毎日が深夜残業。
さらに徹夜作業も多く発生するような場所。
化粧なんてしてる暇あったら寝たかったです。

だから今、子育て時代に突入し、周りのママさんたちを見ると皆が綺麗で驚くのです。
こんなに化粧して生きていくものなんだ!なんて…。

30代になり、そろそろお肌の状態も気にしておくべき年代。
ちょっと遅い美意識の育成に、今、戸惑っているところです。